"Virtual Renovation" / VRMR × Architecture / Exhibition at Spiral / Futuristic Design

今私たちが使っているスマートフォンは、やがてスマートグラスに変わるといわれる。眼鏡のようなデバイスをかければそこにディスプレイやキーボードが浮かび上がる、SFのような世界。グラスはもはや人々の身体の一部となる。

そこでは建築も、グラスを通して投射される対象になる。物質として存在しないが、「見える」建築。バーチャルな壁も、物質の壁と等価に建築の一部となる。

 

バーチャルな壁だからこそできることもあり、物質の壁だからこそできることもある。それらを一体的に設計していくことが、スマートグラスが普及した社会での建築設計の在り方だ。

​敷地はスマートグラスが普及した2030年の渋谷スペイン坂。

展示の様子。ボードは世界観を表現するため木に直接デジタルな描画を印刷。

​グラスをかけている相手がどんな建築をみているのか、わからないことも当たり前になってしまう。

​グラスをかけると、バーチャルと物質が一体になった姿が浮かび上がる。

 © ISHIDA KOHEI

Ishidakohei

ISHIDA
KOHEI
  • グレーTwitterのアイコン
  • Grey Facebook Icon